1999年旅記目次へ

トップ・エンド TOP END


アリス・スプリングスからバスでほぼ丸一日、ついにオーストラリア最北の地、ダーウィンDarwinへとやってきた。暑いのに加え、すごい湿気。高温多湿の好きな私であるがこれはちょっと行き過ぎだ。何しろこれだけ気温が高いのに洗濯物が一日で乾かないぞ。おまけにすごい量の蚊。宿では”How many bites did you have last night?”が朝の挨拶となっていた。考えてみれば目と鼻の先はインドネシア。先住民族のアボリジニもこのへんからオーストラリアに入ってきたのかも知れない。このオーストラリア版「北の国から」では、キタキツネの代りにディンゴDingoが、ヒグマのかわりにクロコダイルが我々を歓迎してくれた。

(左)アデレード・リバー・クルーズAdelaide River Cruiseでの「跳びクロコダイル」Jumping Crocodile





(左)リッチフィールド国立公園 Lichfield National ParkのWangi滝 Wangi Fall。滝の力で強い風が起こっていた。この日は増水のため泳げなかったが、この滝にはときどきクロコダイルも現われるらしく、看板に見つけても近寄るなと書いてあった。泳ぐにはちょっと気合が要りそうだ。
(右)カカドゥ国立公園 Kakadu National Park の マムカラMamukala湿原





カカドゥ国立公園内のノーランジー・ロックNourlanjie Rock。大昔アボリジニによって描かれた壁画がきわめて鮮明に残っている。左の絵はカンガルーの狩を子供に教える為に描かれたもの。右は何やら恐ろしいSpirit(精霊?)らしく、稲妻とかも自由に操れるらしい。真ん中の絵はようわからん





カカドゥ2泊3日ツアーの面々。イングリッシュ、アイリッシュ、ジャーマン、スェーディッシュのヨーロッパ勢に、日本人とスリランカン(というのかな?)という混成メンバー。ツアー終了後、ダーウィンに戻ってパブで打ち上げをした。パブのゲーム大会ではSAMURAIスピリット大爆発、全裸になりながら準優勝をゲット!



1999年旅記目次へ