1999年旅記目次へ

北海道・北東北ツーリング
(1999年8月5日〜9月1日)

日付 行った場所 走行距離
(km)
主な行動 宿泊地 ひとこと
8/ 5 川崎 512 名神・東名高速をひたすら走る 友人宅 つかれたわ
8/ 6 東京 13 東京の元同僚と飲む 別の友人宅 久々の東京
8/ 7 東京 0 友人宅でホームパーティ参加 連泊だ〜
8/ 8 いわき市、福島県東部 336 常磐自動車道を北上。 右田浜キャンプ場
(福島県鹿島町)
ほとんど走るだけ
8/ 9 塩竃市、奥松島、牡鹿町 192 塩竃神社、奥松島嵯峨渓ウォーキング 町営キャンプ場
(宮城県牡鹿町)
なんでキャンプ場で3000円も取られなあかんねん
8/10 平泉、遠野市 250 弥勒寺、毛越寺、中尊寺、判官神社と神社仏閣巡り 福山荘旅館
(岩手県遠野市)
中尊寺はでかい寺、でも金色堂の800円は高すぎ
8/11 遠野市内、早池峰山, 198 遠野市内観光、遠野郊外のダートを走る 黒湯温泉自炊宿
(秋田県田沢湖町)
語り部の遠野昔話を聞くが半分しかわからん
8/12 角館 0 角館の武家屋敷巡り、抱返り渓谷 友達の車で観光。比内鶏の鍋がうまいっ
8/13 田沢湖、八郎潟、男鹿半島 358 田沢湖〜男鹿半島のラウンドトリップ。寒風山、入道崎、河北林道へも行く 八郎潟の長い直線ダートを走り気分最高!でも河北林道でこける
8/14 八幡平、十和田湖 152 後生掛温泉で一休みし、十和田大館樹海ラインを走り抜ける 十和田湖博物館ユースホステル
(青森県十和田湖町)
北東北の温泉はどこも人だらけ。やっぱり日本人は温泉好き民族
8/15 新郷町、八甲田 128 キリストの墓へお参り、蔦温泉で休憩、上大石神ピラミッドも 酸ヶ湯温泉自炊宿
(青森市)
酸ヶ湯の千人風呂は開放感。限りなくうさんくさいキリストの墓
8/16 弘前市 56 弘前市内の史跡を自転車で見学 弘前ユースホステル
(青森県弘前市)
長勝寺のミイラ(というより生死体)殿様にびっくり
8/17 白神山地、鯵ヶ沢 174 弘西林道を走り、十二湖、黄金不老不死温泉(すごい名前だ)と種里城跡見学 民宿東洋あかばね
(青森県鯵ヶ沢町)
種里城は津軽氏発祥の地だが城というより大きな館
8/18 金木町、津軽半島 179 亀ヶ丘縄文遺跡、斜陽館(太宰治生家)、龍飛岬、十三湖と津軽半島一周 十三湖ブリッジパークキャンプ場
(青森県市浦村)
十三湖でシジミの密猟してる奴がいっぱいいたぞ
8/19 青森市、下北半島 216 三内丸山遺跡、野辺地の戊辰戦争史跡、下風呂温泉へ投宿 民宿鈴木
(青森県風間浦村)
三内丸山遺跡の規模と水準の高さには驚いた。縄文人恐るべし
8/20 下北半島、函館市 157 奥薬研温泉と恐山参拝&温泉、夕刻大間よりフェリーで函館へ ライダーハウスミートハウス
(北海道函館市)
恐山境内の温泉は結構良い。イタコ口寄せも出来るし
8/21 函館市、松前町 225 函館四陵郭、松前城下町を歩き、松前半島をぐるりと走る 青少年旅行村キャンプ場
(北海道熊石町))
松前は北海道の中の「日本」だ
8/22 島牧町 133 賀老の滝と周辺散歩、賀老高原をバイクトレッキング 島牧ユースホステル
(北海道島牧町)
増水のためドラゴンウォーター(湧出炭酸水)飲めず残念
8/23 黒松内町、ニセコ 225 黒松内の草原ダート走り抜け、歌才ブナ原生林ウォーキング、ニセコ五色温泉を堪能 ライダーハウス樽前荘
(北海道千歳市)
支忽湖の夕日に感動。地元盆踊り大会に飛び入り参加
8/24 支忽湖、苫小牧市 166 苔の洞門、オコタンペ湖、支忽湖から苫小牧へ至るフラットダートを快走 樽前荘は珍しい市営ライダーハウス。建替えて快適
8/25 平取町 187 義経神社、アイヌ文化資料館等平取周辺散策、平取温泉 ライダーハウス貝澤家?
(北海道平取町)
義経はこんなとこまで来てたのか?
8/26 占冠村、鹿追町 174 アイヌ文化博物館、その後双珠別林道、狩勝峠経て然別キャンプ場へ 町営然別峡野営場
(北海道鹿追町)
キャンプ場内には鹿の湯温泉もあり長期キャンパーには最高
8/27 新得町 208 パンケニコロベツ林道からヌプントムラウシ温泉へ この辺りはダート道も豊富でオフローダーにも良いエリアだ
8/28 鹿追町、上士幌町 197 然別湖、ナイタイ高原牧場、糠平湖、幌加温泉と周辺林道ラン またこけてしまったat糠平三叉林道
8/29 上川町、美瑛町 190 三国峠から壮大な樹海を望む。銀河・流星の滝、層雲峡通過 ライダーハウス蜂の宿
(北海道美瑛町)
蜂の宿は小奇麗できちんとしたハウス
8/30 美瑛町、夕張市、栗山町 300 美瑛周辺散歩、夕張、栗山立寄り とほ宿ぽんぽん船
(北海道小樽市)
美瑛の切り拓かれた丘陵はいかにも「開拓の地」
8/31 小樽市 3 小樽市内観光 フェリー泊 雨のため走れず残念
9/ 1 116 夜中に帰宅

1999年旅記目次へ