1999年旅記目次へ

富良野〜美瑛

牧歌的風景が売りのこのエリア。明治の入植以来、人々のたいへんな努力の積み重ねでこの広大な土地を切り拓いてきた。畑の丘の頂上にこんもりと茂っている小さな林を見つけた。分け入ってみると、その中にもっと小さな鳥居と祠。「開拓地」北海道をもっとも意識させられた風景であった。



美しい美瑛の川と牧草地

富良野のラベンダーファームで働くおっちゃんおばちゃん。白雪姫の小人みたい。


富良野の花園と美瑛の畑


吹上温泉(左) とその近くの道(右)


(左)夕張に幸せの黄色いハンカチのセットがまだ残っているとは知らなかった。なかは展示室になっている。
(右)そのセットのすぐそばにある民家。駐車場からセットまでこの家の前を通っていくので、最初はここがそうかと思った。セットよりもそれらしいぞ。


1999年旅記目次へ